[最新iPhone11~5s]予約なしは?バッテリー交換の値段や方法まとめ。予約できない時

充電

2019年度バッテリー交換の料金、条件、期間について

安くiPhoneのバッテリーの交換が出来た2018年。通常より安くバッテリーを交換できるサービスでしたね。

そんな安いバッテリー交換でしたが間に合わなかった!だけど安く変えたい!いくらになるの?条件は?

まず予約ができない!て方も多いのではないでしょうか?

ということでこちらの記事では

2019年のバッテリー交換の値段や条件など最新情報について。加えて予約ができない時のやり方まで

解説します。

2019年のバッテリー交換価格、交換条件

まずバッテリー交換を安く行えるバッテリーサービスです。

2018年までは保証外料金で3456円でしたが、2019年では少し値上げして5832円と8424円になります。

モデル名 保証期間内 保証期間切れ
iiPhone XS, iPhone XS Max,
iPhone XR,iPhone X
iPhone 11 Pro Max、
iPhone 11 Pro、 iPhone 11
0 円 7,400 円(税抜き)
iPhone8,iPhone7,iPhone6s,
iPhone6,iPhoneSE,

iPhone8Plus,iPhone7Plus,
iPhone6sPlus,iPhone6Plus

0 円 5400 円(税抜き)

上記の表ですね。

基本的にはiPhone6から以降のモデルであれば税抜き5400円。

iPhoneX以降が7400円となってますね。

2018年度に比べると少し値上げした形になってます。保証期間内なら基本無料です。

バッテリーが実際に劣化してなくても2018年同様に交換できます。

基本的には2018年と同じ条件ですね。値段だけが変わった形になります。

バッテリー交換にかかる時間としては、在庫があり通常であれば当日中には交換が完了し受け取れます。だいたい2−3時間ですね。

なお本体が曲がってる、割れてる、背面カメラが割れてるなど、他物理的損傷がある場合は出来なくなってしまいます。

またこちら5382円、8424円のサービス価格でのバッテリー交換は1度までしか受けれないので注意しましょう。

以上が2019年のバッテリー交換に関する説明となります。

なお設定からバッテリーの状態を確認して90%以上だったら交換してもほとんど変わらないことが多いです。

お金と時間が勿体無いのでやらず他の方法を試した方が良いかと思います。

ただ膨張してたり突然シャットダウンしちゃうとかだとおかしいので修理に持って行きましょう!

バッテリー交換の予約の仕方

修理店の予約をするやり方は3種類あります。

  1. アップルサポートというアプリからの予約(おすすめ!)
  2. アップルのコールセンターへ電話しての予約
  3. アップルのウェブサイトからの予約

上記3つですね。順に解説します。

1.アップルサポートというアプリからの予約(おすすめ!)

まずこちらはアップルのアプリである「アップルサポート」というアプリを使って予約するやり方です。

appストアから無料でダウンロードできます。一番簡単で手間が少なくおすすめの方法になります。

手続きの際、特にIDやパスワードの入力など必要なく修理案内を進めるだけで簡単に予約ができます。

またもし予約枠が全て埋まっていても、入力が必要ないので何度も簡単に予約状況を見ることができます。

内容としてはお悩みの症状を選択し「持ち込み」で手続きを進め店舗を選択、予約枠が空いてれば予約を取る!という流れになります。

一番簡単で手間も少ないためこちらが一番おすすめです!

2.アップルのコールセンターへ電話しての予約

こちらはアップルのコールセンターへ電話して通話で予約を取るやり方になります。

手続きの際IMEI番号の入力が必要になり、また予約が空いていても電話でやり取りする間にその枠が取られて埋まってしまうことも多いです。

一見電話で簡単そうですが、手順も多く何度手間になることも多いためあまりおすすめ出来ないやり方になります。

アップルコールセンター窓口 : 0120-27753-5

3.アップルのウェブサイトからの予約

こちらはアップルのウェブサイトに、AppleIDとパスワードを入力して手続きを進め予約を取るやり方になります。

手続きの際AppleIDとパスワードの入力が必要になります。またもし予約枠が全て埋まっていたら何度もIDとパスワードを入力することになります。

流れとしては症状を選択、修理方法を選択した後にAppleIDとパスワードを入力しその後店舗を選ぶという流れです。

もし店舗の予約枠が全て埋まっていたらまた初めからやり直しになります。

電話と同じく割と手間が多いためあまりおすすめは出来ないやり方になります。

アップル修理予約ページ

バッテリー交換(修理店)の予約が取れない時

正規店でのバッテリー交換にはお店の予約が必要なのですがそもそもお店の予約が一杯で取れない!という方も多いと思います。

その場合は店舗の忙しさにもよるのですが、実は予約が取れなくてもバッテリー交換を依頼できるやり方があります。解説しますね。

  1. アップルの配送修理サービスを利用する
  2. 予約できなくても店舗に直接行ってみる

1.配送修理サービス

こちらは単純ですね。お店の予約が取れないのならお店は諦めてアップルの配送サービスを利用しよう!というやり方です。

内容としては申し込むと専用の箱が自宅に届き、壊れたiPhoneをアップルに送り修理されて帰ってくるというものです。

最後に内容に応じての支払いです。

予約は必要なく電話やネットでバッテリー交換を申し込めるので予約が取れない場合には配送修理サービスを利用するのもありかと思います。

難点としては交換中は約1週間、手元からiPhoneがなくなってしまうことですね。

申し込み方法は持ち込みの時と同じく「コールセンターへの電話」「アップルのウェブサイト」「アップルサポートアプリ」からとなります。

[iPhone]配送修理サービスって?貸出機は?料金は?iPhone配送修理サービスの概要から流れ、やり方まで解説します!

2.予約できなくても直接お店に行ってみる

こちらはある意味裏技になり時期や店舗の忙しさにもよる話になります。

修理店は基本的に予約以外は受け付けていません。

ですが、予約にキャンセルが出たり修理が早く終わって時間が空いたり、時間や作業員に余裕がある時は予約外の修理を受け付けたりすることがあります。

そして実は結構キャンセルが出たり時間が空くことは多いので、直接行くと待った後にそのタイミングでやってくれることも多いんですね。

なので直接行ってみるとバッテリー交換ができる可能性はあるので、どうしても予約が取れない場合は試してみるのもありですね。

難点としては忙しい時期やお店だと断られることが多いこと。

午前中など早い時間じゃないとやってもらえない場合が多いこと。

加えて結構待ち時間が長くなるのが多いことですね。

あと、お店の人は忙しい時に予約なしだとあまり良い顔をしないというのもあります(笑)

今現在はこうですが、アップルの方針次第では急に出来なくなることもあるのでご容赦ください。

まとめ

iPhoneのバッテリー交換は状態によるが1回なら0円、5382円、8424円で交換可能。

予約はアプリ「アップルサポート」からが楽で簡単!

基本的にお店の予約が必要だが、なくても直接お店にいけば出来る場合もある。

どうしても予約が取れないなら直接行って出来るか聞いてみるのもあり!となります。

参考になりましたでしょうか?

iPhoneの非正規バッテリーと正規バッテリーの違い。メリットデメリットは?

iPhoneXsやXsMax、XRのバッテリーは交換できる?値段は無料?わかりやすく解説いたします。

参照 Apple公式(iPhone の修理サービス料金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA