iPhone5は修理できない?iPhoneやipodの修理サポート期間について

古いiPhone

今や僕らの生活にとても身近になったアップル。最近業績予想を下方修正したのが記憶に新しいですね。

多くの人がiPhoneやipodにipadなど、Appleの製品を一つは持っているのではないでしょうか?

昔から長く使ってるApple信者だぜ!て方もいるかと思います。

そんなiPhoneやiPodですが壊れたり故障した時には皆さん修理に出しますよね。

その時新しいiPhoneならいいのですが、実は古いiPhoneやiPodだとAppleのサポートが終了してて修理すらしてもらえないということがあります!

と言うことでこの記事ではiPhoneやipod、ipadなどの、Apple製品が壊れた時にサポートが終わりもう修理できない場合の条件など解説いたします!

皆様の一助になれば幸いです。

iPhoneやiPodは何年経つと修理できなくなるのか?

?

iPhoneやiPodの修理はいつまで出来る?

さてiPhoneやipodの修理や交換を受け付ける製品サポート期間ですが、こちら日本では新規の購入から5年となります。

Appleではこの5年を過ぎるとビンテージ製品という扱いになって例えお金を払ってももう修理は出来ないよ。新しいのを買ってねとなります。

この製品サポート期間というのは保証などではなく、単純に販売した以上は一定の期間は責任を持って修理や交換などを有料で受け付けるよというものです。

このサポート期間が終わる頃になるともう部品の生産も中止し販売もしなくなるんですね。

基本的に新品購入から5年をすぎちゃうともう修理も交換も出来ないのでご注意ください。

なお品質を保証する期間というわけでも無いのでごそちらも注意を。

2019年1月現在修理できない製品は?

解説

2019年1月現在では一部のiPhone5がちらほらサポートが切れて修理できなくなってますね。

ipod nanoももう修理できないものが多いですね。SEや6はまだ大丈夫です。

そろそろ販売されて5年ほど経つ製品になるためです。

それ以前のiPhone4sとかだともうほぼほぼ修理自体できなくなってます。

もし今iPhone5をお持ちで修理したい場合は自分の購入した日付を調べましょう。

まだ買ってから5年経ってないのならまだ修理自体はやってもらえます。

もし新品で買った日が分からないならAppleのコールセンターに電話すると教えてくれますので、修理店に持ってく前にまずはそちらで確認しましょう♪

Appleコールセンター : 0120-27753-5

iPhone修理の流れ、予約から支払いの完了、値段まで

配送修理サービスって?貸出機は?料金は?iPhone配送修理サービスの概要から流れ、やり方まで解説します!

まとめ

まとめ

iPhoneやiPodの修理ができなくなるのは新規購入から5年後。

5年を過ぎると修理も交換も出来ない。まず部品をもう作ってない。販売もしてない。

新規購入日を知りたいならAppleコールセンターに電話!です。

参考になりましたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA