iPhoneの写真をパソコンに保存するやり方(macの場合)

最近はiPhoneで撮る写真の画質もよくなってきましたね。

友達や風景、ランチや自撮りまでiPhoneで撮る方も多いのではないでしょうか?

そんな撮った写真ですがどうやってパソコンに写したらいいか分からなくてお困りではありませんか?

この記事ではそんな方のためにiPhoneの写真をパソコンに保存するやり方(macの場合)

を解説します。

順に見ていきましょう。

iPhoneの写真をパソコンに保存するやり方(macの場合)とは?

まず今回の写真をパソコンに写す方法です。

今回のやり方ではMacを使っているユーザーのやり方になります。

元からmacに入ってる「写真アプリ」を使ってiPhoneをパソコンと接続し取り込む形ですね。

やり方としてはmacユーザーなら1番シンプルで分かりやすいかと思います。

※ 自動で写真をicloudに保存する機能は使わないやり方です。

自動保存機能は切ってあります。

もしこれから自動保存機能をオフにする場合は今ある写真が消えないよう注意してください。

筆者はミスで写真が消えて泣きました。

機能を切るときに写真を削除をしなければ大丈夫なはずです。

iPhoneからパソコンに写す手順

やり方はパソコンとiPhoneを繋いで少し作業するだけで簡単です。

具体的には

  1. iPhoneとMacを接続する
  2. パソコンの写真アプリを開く
  3. バーのiPhoneを選択する
  4. 移したい画像を選択する
  5. 「選択項目を読み込む」を実施
  6. パソコンに取り込まれて完了

という流れになります。

1.iPhoneとMacを接続する

まずはiPhoneとMacをケーブルで接続します。

itunseをつなぐ時と同じですね。

2.パソコンの写真アプリを開く

次にmacに元々入ってる「写真」アプリを起動します。

ドックにない時はアプリケーションフォルダにあるので見つけて起動しましょう。

もし入ってなかったらAppストアから無料でダウンロードです。

赤い印をつけてるやつです。

写真アプリ

3.バーのiPhoneを選択する

次にiPhoneと接続するとバーに出てくる「iPhone」をクリックして選択します。

iPhoneを選択

4.移したい画像を選択する

パソコンに保存したい画像をクリックして選択します。

青い印がついたら選択済みです。

選択読み込み

5.「選択項目を読み込む」を実施

選択したらあとは右上の「選択項目を読み込む」をクリックして実行です。

もし全て読み込みたいなら「全てを読み込む」で大丈夫です。

「読み込む後に項目を削除」にチェックを入れてしまうと読み込んだ写真がiPhoneからは消えてしまうので気をつけてください。

選択読み込み

6.パソコンに取り込まれて完了

最後にライブラリバーの写真を選択すると読み込んだ写真が表示されましたね。

これでiPhoneからパソコンへの保存は完了です。

もし画像データを使いたいなら写真を掴んでスクリーンにドラッグドロップしましょう。

pngファイルとして出力されます。

他、メニューから書き出しでも出力できます。

読み込んだ画像

まとめ

以上iPhoneからmacに写真を移すやり方でした。

ではよいiPhoneライフを!

参照 iPhone、iPad、iPod touch から写真やビデオを転送する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA