iPhone6はいつまで?2021年から使えなくなる!サポート終了のため。早く機種変した方が良いよ!

iPhone6

iPhone11が出ましたね。何でもカメラが3つも付いてて写真が綺麗だとか笑

とはいえ高いしまだ6sが使えるから良いかなーと手を出してない管理人です笑

さてそんな新機種が出ると今持ってる古いiPhoneはいつまで使えるのか?と皆さん気になるのではないでしょうか。

ということで今回はiPhone6がいつまで使えるのか?サポート終了がいつかなど元プロが解説します。

では順に見ていきましょう。

iPhone6は2021年9月頃がギリギリ使える限界、正直2019年でも買い替え推奨

リミット

結論からいうと上記のタイトル通りになります。

というのも諸々のサポートが全て終了するのが2021年9月頃だからです。

またスペックもそろそろ最新環境に追いつけないからです汗

iPhone5sに半年遅れて限界がくるという感じですね。

理由がいくつかありますので順番に説明していきます。

2021年9月頃にiPhone6自体のサポートが終了修理不可になる

残念

決定的な理由は上記の通りiPhone6自体のサポートが全て終了し修理も交換もできなくなるからです。

iPhoneでは販売終了から5年が経つと「ビンテージ品」という扱いになり全てのサポートを終了するんですね。

こうなると基本は修理も相談も受け付けてくれなくなります。

iPhone6は2016年の9月に公式販売が終了したので2021年9月ころには「ビンテージ品」となりサポート終了。修理不可となるのです。

なので2019年9月がギリギリ限界なんですね。

なお電気屋さんの購入時期によっては少し前後します。

参照

Appleサポート ビンテージ製品とオブソリート製品

2019年にios13でiosのサポートが終了

また2021年まで行かなくても2019年にios13でiPhone6のiosサポートが終了しました。

機体のサポートではなくiosのサポートです。

以降のシステムアップデートが出来なくなるということですね。

こうなると段々時間が経つごとに使えないアプリが増えてきたり最新の環境に対応できず微妙な不具合が発生してきたりします。

最終的には古いバージョンのアプリでsafariが使えなくなったりゲームが出来なくなったりしますね。

時には原因のわからないバグでiPhoneが壊れるというのも管理人は見てきました汗

正直2019年9月の現在でもちょっとリスクですね。

参照

Appleサポート iOS 13 や iPadOS に対応しているデバイス

スペックが低く最新の環境に付いていけてない

通信の問題

iPhone6はメモリを1GB積んでるのですが正直2019年の現在だと物足りないです。

というのもゲームやアプリを使ってるとやたらと重かったり落ちたりするんですね汗

使えなくはないけどストレスは半端ないです。管理人はイライラしてました笑

これは昨今のネット環境にメモリ1GBでは足りてないからです。

メモリが倍の2GBのiPhone6sでは同じアプリもサクサク動くことから明らかです。

今後さらにネット環境が進化してくることを考えるともう既にiPhone6は限界かなという感じがしますね。

耐水性もないですしね…。

関連

iPhone6ではFGOは落ちる?なぜ?fgoが出来るiPhoneは?

iPhone6からiPhone6sに機種変した結果の変化や違いまとめ(バッテリーはよくなる?)6sのおすすめ

まとめ

まとめ

使える限界は2021年9月。だが2019年9月現在で既に使うのはしんどい!

管理人の結論、これになります。

機種のサポートの前に既にiosサポートが終了してるからですね。

正直機種変できるなら早くした方が良いです。だいぶストレス無くなりますよ笑

長々とありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA