iPhoneSEはいつまで?サポート終了は2023年!まだまだ使えるよ!

iPhoneSE

iPhoneSEは使いやすい丁度いいサイズですよね。

6s以降は正直大きすぎるのでまたSE2的なものを出さないかなーと思ってる管理人です。

Xsとか11とか大きすぎます笑。

さてそんなiPhoneSEはいつまで使えるのか?と皆さん気になるのではないでしょうか。

ということで今回はiPhoneSEがいつまで使えるのか?サポート終了がいつかなど元プロが解説します。

では順に見ていきましょう。

iPhoneSEは2023年9月頃までギリギリ使える

リミット

結論からいうと上記のタイトル通りになります。

というのも諸々のサポートが全て終了するのが2023年9月頃だからです。

iPhoneSEは6sと同時期に発売され販売も終了したため同じ頃まで使えます。

2019年現在まだまだ大丈夫です。

理由がいくつかありますので順番に説明していきます。

2023年9月頃にiPhoneSE自体のサポートが終了修理不可になる

残念

決定的な理由は上記の通りiPhoneSE自体のサポートが全て終了し修理も交換もできなくなるからです。

iPhoneでは販売終了から5年が経つと「ビンテージ品」という扱いになり全てのサポートを終了するんですね。

こうなると基本は修理も相談も受け付けてくれなくなります。

iPhoneSEは2018年の9月に公式販売が終了したので2023年9月ころには「ビンテージ品」となりサポート終了。

修理不可となるのです。

なので2023年9月がギリギリ限界なんですね。

一部販売店での購入時期によっては前後します。現場店舗残ってる分を買ったものとかですね。

微妙だったらアップルサポートに電話して聞いて見ましょう。

参照

Appleサポート ビンテージ製品とオブソリート製品

今後ネットの進化次第ではスペックが足りなくなり動作が重くなる。かも!?

通信の問題

iPhoneSEはメモリを2GB積んでるので現行だと十分にネット環境に対応できてます。

ですが今後ネット環境が進化してスペックが足りなくなるかもしれません。

例えばiPhone6です。メモリは1GBでした。

発売当初はサクサク動きましたが現在ではスペックが足りずネットやアプリを使う際とても動作が重いです。

iPhone6は最新の環境に追いつけなくなっちゃったんですね。

今後ネット環境が進化してくることを考えるとサポート終了する頃にはiPhoneSEも限界がくるかもしれません。

とはいえSEはハイスペックなのでまだ暫くは大丈夫そうですね。

まとめ

まとめ

使える限界は2023年9月頃。

管理人の結論、これになります。

SE2が出るかは分かりませんが小さいのが出るまでは持たせたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA