最新!iPhoneの画面(タッチパネル)が反応しない時!対処法から修理の値段まで[iPhone11~5s]

画面が反応しない

iPhoneの画面が反応しない…タッチしてるのに無反応…タッチしてないのに勝手に動く…ゴーストタッチだ…。

画面に不具合があると操作しづらいです。早く元の状態に戻って欲しいというのが正直なところですよね。

ということでこの記事では

iPhoneの画面がおかしい時の対処方法、どこで出来るのか、値段の順に解説いたします。

皆様の一助になれば幸いです。

画面が反応しない、おかしい時の対処法

対処法

タッチしても反応しない時、勝手に動く時などには対処の手順があります。

手順を試して治らなければ修理となります。

  1. 再起動をする
  2. 初期化する
  3. 治らなかったら画面の交換修理
  4. それでも治らなかったらiPhoneの交換修理となります。

上記の手順ですね。

1 再起動

iphoneの再起動

さてiPhoneの再起動のやり方には2種類あります。

  • 通常通り操作して電源を落としてつけての再起動
  • 強制再起動

上記の2通りになります。

まず電源を落として操作しての通常の再起動。

こちらは簡単ですね。通常通り電源をシャットダウンして起動するだけです。通常であればこちらの方法を使えば良いかと思います。

そして次に強制再起動。

こちらは画面操作ができない。固まってうんともすんとも言わない。電源がつかない。こういった通常でない特殊な場合に使う方法になります。

各モデルによりやり方が異なりますので解説いたしますね。

iPhoneXsMAX,Xs,X,8,8plus

  1. +クリック
  2. -クリック
  3. 電源ボタン長押し
  4. 画面が暗くなりアップルロゴが出たら電源ボタンを離す。

上記の順に操作する方法になります。少し難しくて流れるようにやらないとできないので何度か試して見てください。

iPhone7,7plus

  1. -ボタンと電源ボタンを同時に長押し
  2. 画面が暗くなりアップルロゴが出たら電源ボタンを離す。

上記の順に操作する方法になります。

iPhone6s,6,6plus,SE,5s,5c,5

  1. ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し
  2. 画面が暗くなりアップルロゴが出たら電源ボタンを離す。

上記の順に操作する方法になります。

より詳しくは下記ページをご覧ください。

iPhoneの再起動の方法は?強制再起動?わかりやすく解説!xsMAX,XS,X,8,7,6s,6,SEまで

2 初期化

iPhoneを消去を選択し実行。初期化が初まります。

こちらはシステムを再インストールして工場出荷状態に戻すことで、システム上のバグを取り除き直す方法になります。

試す場合はデータが完全に消えるのでバックアップを取ってから行いましょう。なお準備としてPCが必要になります。

iPhoneのリカバリーモードを使って初期化します。

基本的には再起動の手順をなぞる形になりますね。

PCに繋いでから再起動の手順で電源ボタンを離さずにいるとリカバリーモードになります。

そこでPCに繋いで「復元と実行」を実行するだけです。

あとは待ってれば勝手に初期化が完了します。

より詳しくは下記ページをご覧ください。

iPhoneの初期化(リセット)の方法。iPhoneSE,iPhone6,iPhone7,iPhone8~iPhoneXsまで

3,4 画面交換修理とiPhone交換修理

iPhone修理

1、2の手段を試しても治らなかった場合は機械的に壊れてしまってるので修理店に出しての対処となります。

基本的に保証期間内で損傷がなければ無料で修理してもらえます。

参考記事 [iPhone11~5s]画面割れの修理代は?交換は?安い修理のやり方から対処法まで

損傷があった場合はAppleCare+があれば画面修理で3400円(税抜き)、iPhone交換修理で11400円(税抜き)になります。

保証がない場合は最低でも15000円はかかってしまうので少し覚悟がいりますね。

画面の修理が出来るところ

地図

さて画面の修理方法となると大まかに3通りあります。

  • Appleの正規店、正規代理店で修理する(基本はこちら)
  • docomo保障のみdocomoで可能
  • 非正規の修理点で修理する

上記の3通りになります。

Appleの正規店(基本はこちら)

こちらはAppleの直営店であるApplestoreやAppleへ直接申し込める修理サービス。

それにAppleから正式に委託を受けた修理の代理店(アップル正規サービスプロバイダ)が該当します。

アップルストア、カメラのキタムラやビックカメラ、クイックガレージなどの一部の店舗が該当しますね。

アップル正規修理店、都道府県地方別リスト一覧

自宅で修理サービスを受けること、お店に持ってくこと、どちらも可能になってます。

基本的に店舗なら在庫があれば当日中。

在庫がない場合やネットや電話で申し込む修理サービスの場合は、一週間前後で修理が完了します。

正規の方法のため保証や修理品質がしっかりしており、また比較的簡単に済む方法でもあるため一番おすすめする方法です。

ドコモケータイ保障サービスの加入者は場合によってはドコモで修理した方が安くすみます。

本体が壊れてたりアップルの保障がない時ですね。

後から変更はできません。事前に確認しましょう。

なお予約が必須です。

予約は下記ボタン先のアップルサポートアプリ、リンクからwebページ、アップルコールセンターから

AppStoreからダウンロード

Apple 修理サービス(Apple公式)

アップルコールセンター窓口 : 0120-27753-5

ドコモ保障のみドコモで可能

基本的に携帯会社では修理はできません。

ごく一部ありますが基本できないので例外です。

なのですがドコモはドコモ保障に入ってれば有料で新しいiPhoneに交換修理をしてもらえます。

大体1万円〜1万5千円ほどですね。

新しいものはもちろん正規品で以降アップルでの修理もできます。

アップルの保障がない時はこちらが安いです。

店頭申し込みのできるとこもあるようですが基本的には電話で申し込みです。

その際は正規店かドコモかどちらかでしか修理できないのでご注意ください。

アップルの保障があるならアップルで修理した方が安くすみます。

逆にないならドコモのが安いですね。

状況によって使い分けましょう。

ドコモ携帯保障サービス窓口:0120-210-360

参照 ケータイ補償サービス for iPhone & iPadについて

非正規修理店

正規の修理店やキャリア以外にも修理を行ってるお店があり、こちらはAppleの認定を受けてない非公認のお店になります。

値段が安かったり予約が不要だったりとメリットもありますが、保証が効かなくまた修理の品質も不安があるというデメリットがあります。

こちらで修理を受けると以降、正規店やキャリアで修理を受けれなくなったり保証が使えなくなったりといったこともあります。

正規のパーツを使わず独自の修理方法で行うため、修理品質にも不安があります。

私はあまりおすすめ出来ない方法になりますね。

画面の修理にかかる値段は?

値段

正規店

基本的に保証内で損傷がなければ無料です。下は損傷があった場合の値段表になります。

モデル名 AppleCare+あり AppleCare+なし
iPhone11 Pro Max 3400 円(税抜き) 35,800 円(税抜き)
iPhoneXs Max 3400 円(税抜き) 35,800 円(税抜き)
iPhone 11 Pro 3400 円(税抜き) 30,400 円(税抜き)
iPhone 11 3400 円(税抜き) 21,800 円(税抜き)
iPhoneXs 3400 円(税抜き) 30,400 円(税抜き)
iPhoneXR 3400 円(税抜き) 21,800 円(税抜き)
iPhoneX 3400 円(税抜き) 30,400 円(税抜き)
iPhone8 3400 円(税抜き) 16,400 円(税抜き)
iPhone7 3400 円(税抜き) 16,400 円(税抜き)
iPhone6s 3400 円(税抜き) 16,400 円(税抜き)
iPhone6,SE,5s,5,5c 3400 円(税抜き) 13,800 円(税抜き)
iPhone8+ 3400 円(税抜き) 18,400 円(税抜き)
iPhone7+ 3400 円(税抜き) 18,400 円(税抜き)
iPhones6s+ 3400 円(税抜き) 16,400 円(税抜き)
iPhones6+ 3400 円(税抜き) 16,400 円(税抜き)

画面修理代金は基本的に保証内で損傷なしなら無料。

損傷がありAppleCare+があれば3400円(税抜き)。

AppleCare+がなければそれぞれの保証外値段になってますね。

水濡れの痕跡があったり筐体、背面カメラが割れてたり曲がってたりした場合は画面交換は受け付けてもらえないので注意しましょう。

本体交換になります。

因みに画面が割れてるとAppleCare+ありなら11800円(税抜き)で本体交換も出来ます。

なしならそれぞれの保証外価格ですね。

保証内なら正規店が安いです。

携帯会社(Docomo以外修理後返金)

携帯会社の修理代金は基本的には上記のApple正規店と同じものになります。

修理代金は同じなのですがそれぞれの保証によってかかるお金や修理の仕方が異なります。

au,Softbank(修理後返金)

auとソフトバンクにはAppleの保証とは別にそれぞれ「auスマートパス」、「安心保証パック」といった保証があります。

スマートパスなら支払った修理代金から10000円まで戻ってくるという保証。

安心保証パックなら支払った代金の8~9割までが月々の代金から引かれるかTポイントで帰ってくるという内容。

安心保証パックにも2種類あり片方はTポイント還元のみなので確認しましょう。

auもSoftbankも共通して一度修理代金を払った後に、携帯会社に請求して一部帰ってくるというような内容になります。

支払いはApple正規店と同じ金額が必要になりますのでご注意ください。

なおApple正規店での修理にも適用されます。

auスマートパス修理代金サポート

Softbankあんしん保証パック(i)プラス

Softbankあんしん保証パック with AppleCare Services

Docomo

Docomoの場合はAppleCare+があるか、「Docomoケータイ保証サービス」という保証に入ってるかどうかで大きく変わります。

AppleCare+があればApple正規店を利用した方が安く、ない場合は「Docomoケータイ保証サービス」を利用した方が安くなります。

AppleCare+があるなら正規店修理で3400円(税抜き)。

ない場合は「Docomoケータイ保証サービス」でiPhone 6s以降は11000円。iPhone 6以前は7500円での交換修理がお得です。

なお「Docomoケータイ保証サービス」とAppleCare+での修理は窓口が別になります。

「Docomoケータイ保証サービス」を利用する場合は専用の窓口に電話をして申し込む必要があります。間違えないようご注意を。

下記が「Docomoケータイ保証サービス」の窓口、ご案内ページです。

「ケータイ保証お届けサービスセンター」 0120-210-360

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadについて

非正規修理店

非正規の修理店は5000円〜20000円と幅広いです。

一見安く見えても部品の代金を入れてない金額だったりするので気をつけましょう。

予約の仕方

予約

修理店の予約をするやり方は3種類あります。

  1. アップルサポートというアプリからの予約(おすすめ!)
  2. アップルのコールセンターへ電話しての予約
  3. アップルのウェブサイトからの予約

上記3つですね。

基本はアプリ、アップルサポートを使って予約するのが楽かと思います。

AppStoreからダウンロード

アップル修理予約ページ

アップルコールセンター窓口 : 0120-27753-5

より詳しくは下記の記事にて解説してますのでご参照ください。

iPhone修理の予約方法やり方(正規店、正規代理店)予約なしの場合も[iPhone,Beats,AirPods,AppleWatch]

iPhoneを修理に出す前の準備

準備

修理に出す前にやっておいたほうが良い準備があります。欠かさずやりましょう。

バックアップを取りましょう

バックアップ

修理でデータが消えてしまうこともあります。必ずバックアップを取りましょう。消えてしまったらとても悲しいです。

itunseとiCloudで取ることが出来ます。

参考記事 iPhone簡単なデータバックアップのやり方(icloud)容量が足りない時の対処も

itunseでのやり方はPCつないでitunse開いて保存するだけです。

正直めちゃくちゃ簡単です。

保証の確認をしましょう

保証

AppleCare+があるかどうか。また携帯会社の保証も確認しておきましょう。

特にDocomoだと修理が終わった後にもっと安く出来たのに…ということがありえます。

Appleの保証、各キャリア保証は下記のページから確認出来ます

入力欄に設定から見れるシリアル、もしくは15桁数字のIMEI番号を打ち込みましょう。

(IMEIは6以前なら筐体背面、6s以降ならピンを使って開けるSIMトレイに印字されてます)

Apple公式 保証状況とサービス期間を確認する

au 修理代金サポートご利用の手順
au修理代金サポートセンター 0120-914554(9:00~20:00)年中無休(9:00~20:00)

Softbank 契約内容を確認・変更する

Docomoケータイ補償サービス for iPhone & iPadについて
「ケータイ保証お届けサービスセンター」 0120-210-360

iPhoneを探すをオフにしよう

iPhoneを探す

こちらは設定や「iPhoneを探す」のアプリ、「iCloudアカウント」から解除できます。

解除にはAppleIdとパスワードが必要です。

解除しておかないとお店まで行ったのに修理できない!ということもあるので必ず解除しておきましょう。

参考記事 「iPhoneを探す」をオフにする簡単なやり方(iPhoneやパソコンからの場合)

お店で2時間も3時間も電話でアップルとやりとりすることになりかねません。

まとめ

まとめ

基本的には保証内なら正規修理店で無料。割れててAppleCare+があれば3400円(税抜き)。なければ15,984〜。

この金額からau,Softbankは保証を適用した金額が戻ってきます。

DocomoはAppleCare+がない場合は11000円。7500円ですね。(年2回まで)

非正規の修理店はまちまちです。各お店で確認しましょう。

管理人個人としてはAppleや正規代理店のお店、修理サービスを利用することをおすすめします!

携帯会社に行ってもAppleに行かされたり2度手間になることが多いですからね。

参考になりましたでしょうか?

おすすめ記事

元プロおすすめiPhoneランキング![コスパ、スペック、価格の安さ別]

iPhone8の価格は2020年3月まで待てば安くなる?SE2(仮)登場で値下げ?今は待つべき理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA