iPadが壊れた時の修理代金は?画面修理やバッテリー交換に本体交換の値段まで解説いたします!

ipadの修理

iPhoneより画面が大きい製品としてiPadがあります。

このipadですが画面が割れたり、バッテリーの持ちが悪くなったりなどして修理に出したい時があるかと思います。

この記事ではそういった場合に修理代金はいくらなのか?どのくらい修理に時間はかかるのか?

などについて解説したいと思います。

少しでも皆様の一助になれば幸いです。

ipadの修理について

ipadの修理

ipadの修理はどうなるのか?

さてiPadに不具合や損傷があっての修理ですが、こちらiPhoneとは少し異なります。

基本的にiPhoneの場合は画面が割れたりカメラが故障した場合は部品交換にて対応します。

ですがiPadの場合は部品のみの交換ということが構造上出来ないため、基本的に丸々iPad自体の交換となります。

一律本体交換のお値段ですね。

例外としてのバッテリー交換の場合だけはiPadのバッテリー交換費用での本体交換となります。

参照 iPad の修理

iPadの修理にかかる時間は?

時間

Apple直営のお店であればうまくいけば当日中に。

他では大体一週間前後ですね。

iPadの修理代金は?

値段

基本的に保証期間内であればバッテリー交換は無料になります。ただしバッテリーの劣化は必須です。

物理的に壊れてAppleCare+加入中なら4400円(税別)

保証が切れてたら全モデル14,400 円 (税別)ですね。

代理修理店の場合は気持ち値段が違う場合もあるので別個確認しましょう。

下の表は画面が割れてたりなど損傷があった場合の料金表になります。

モデル名 AppleCare+あり AppleCare+なし
iPad mini、iPad mini 2 4400 円(税別) 20,800 円 (税別)

iPad、iPad 2、iPad Air、

iPad (第 5 世代)、iPad (第 6 世代)

4400 円(税別) 26,800 円 (税別)

iPad (第 3 世代)、iPad (第 4 世代)、

iPad mini 3、iPad mini 4、iPad Air 2

4400 円(税別) 31,800 円 (税別)
iPad Pro (9.7-inch) 4400 円(税別) 41,800 円 (税別)
iPad Pro (10.5-inch) 4400 円(税別) 49,800 円 (税別)
iPad Pro (12.9-inch)、iPad Pro (12.9-inch) (第 2 世代) 4400 円(税別) 66,800 円 (税別)

もし壊れて保証が何もない場合は新品と多くて1万円程度しか変わらないので、正直買い替えちゃうのもありかとは思います。

参照 iPad の修理 – 画面の損傷

参照 iPad の修理 – バッテリーと電源

iPadはどこで修理できる?

どこ

さていざ修理に出そう!となったら出せるところは幾つかございます。

  • Apple 正規サービスプロバイダ
  • Apple Store 直営店
  • Apple サポート

「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」の場合は上記の3つになります。

Apple 正規サービスプロバイダ

こちらはアップルの正規代理店になります。

アップルから正式に依頼を受け修理を行う代理店ですね。

カメラのキタムラやビックカメラ、クイックガレージ、AND marketなどの一部の店舗が修理を行ってます。

全国にあり、都内以外にお住いの方がお店で修理したい場合はこちらになります。

ごく一部の携帯ショップでもやってるところはあるようですがとても少ない例外ですので今回は除外してます。

基本的に予約が必要です。予約なしで行っても帰されるだけの場合が多いので絶対に予約を取ってから行きましょう。

予約は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ますね。0120-27753-5

アップル公式  Apple の修理

iPhone修理の流れ、予約から支払いの完了、値段まで

Apple Store 直営店

こちらはそのままアップルストアになります。

アップルストアで修理を行ってる店舗があるんですね。

もしいけるのであればアップル直営ですのでこちらが一番いいですね。ただ店舗がとても少なくほぼ都内のみとなってます。

基本的に予約が必要です。予約なしで行っても帰されるだけの場合が多いので絶対に予約を取ってから行きましょう。

予約は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ますね。0120-27753-5

アップル公式  Apple の修理

Apple サポート

こちらはオンラインで修理を依頼する「配送修理サービス」「エクスプレス交換サービス」になります。

配送修理サービスはネットや電話で依頼をし、修理するiPhoneを送り修理してもらうといった内容。

「エクスプレス交換サービス」はAppleCare+に加入中なら電話で申し込むと新しいiPadが届くサービスです。

壊れたiPadを送り返し最後に精算という内容ですね。金額はAppleCare+加入中なら通常修理と同じです。

アップルケア加入中のiPadは特におすすめの方法になります。

依頼は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ます。

エクスプレス交換サービスは電話窓口のみです。 0120-27753-5

[iPhone]配送修理サービスって?貸出機は?料金は?iPhone配送修理サービスの概要から流れ、やり方まで解説します!

[無料交換]エクスプレスサービスって?iPhoneが壊れた時の交換のやり方。値段から条件方法まで詳しく解説いたします!

アップル公式  Apple の修理

予約の仕方

予約

修理店の予約をするやり方は3種類あります。

  1. アップルサポートというアプリからの予約(おすすめ!)
  2. アップルのコールセンターへ電話しての予約
  3. アップルのウェブサイトからの予約

上記3つですね。順に解説します。

1.アップルサポートというアプリからの予約(おすすめ!)

アプリ

まずこちらはアップルのアプリである「アップルサポート」というアプリを使って予約するやり方です。

appストアから無料でダウンロードできます。一番簡単で手間が少なくおすすめの方法になります。

手続きの際、特にIDやパスワードの入力など必要なく修理案内を進めるだけで簡単に予約ができます。

またもし予約枠が全て埋まっていても、入力が必要ないので何度も簡単に予約状況を見ることができます。

内容としてはお悩みの症状を選択し「持ち込み」で手続きを進め店舗を選択、予約枠が空いてれば予約を取る!という流れになります。

一番簡単で手間も少ないためこちらが一番おすすめです!

2.アップルのコールセンターへ電話しての予約

電話

こちらはアップルのコールセンターへ電話して通話で予約を取るやり方になります。

手続きの際IMEI番号の入力が必要になり、また予約枠が空いていても電話でやり取りする間にその枠が他の人に取られて埋まってしまうことも多いです。

一見電話で簡単そうですが、手順も多く何度手間になることも多いためあまりおすすめは出来ないやり方になります。

アップルコールセンター窓口 : 0120-27753-5

3.アップルのウェブサイトからの予約

web

こちらはアップルのウェブサイトに、AppleIDとパスワードを入力して手続きを進め予約を取るやり方になります。

手続きの際AppleIDとパスワードの入力が必要になり、またもし予約枠が全て埋まっていたら何度もIDとパスワードを入力することになります。

流れとしては症状を選択、修理方法を選択した後にAppleIDとパスワードを入力しその後店舗を選ぶという流れです。

もし店舗の予約枠が全て埋まっていたらまた初めからやり直しになります。

電話と同じく割と手間が多いためあまりおすすめは出来ないやり方になります。

アップル修理予約ページ

修理店の予約が取れない時

予約できない

正規店での修理にはお店の予約が必要なのですがそもそもお店の予約が一杯で取れない!という方も多いと思います。

その場合は店舗の忙しさにもよるのですが、実は予約が取れなくてもiPhone修理を依頼できるやり方があります。解説しますね。

  1. アップルの配送修理サービス
  2. エクスプレス交換サービスを利用する(おすすめ!)
  3. 予約できなくても店舗に直接行ってみる

1.配送修理サービス

こちらは単純ですね。お店の予約が取れないのならお店は諦めてアップルの配送サービスを利用しよう!というやり方です。

内容としては申し込むと専用の箱が自宅に届き、壊れたiPhoneをアップルに送り修理されて帰ってくるというものです。

最後に内容に応じての支払いです。

予約は必要なく電話やネットで修理を申し込めるので予約が取れない場合には配送修理サービスを利用するのもありかと思います。

難点としては交換中は約1週間、手元からiPhoneがなくなってしまうことですね。

申し込み方法は持ち込みの時と同じく「コールセンターへの電話」「アップルのウェブサイト」「アップルサポートアプリ」からとなります。

[iPhone]配送修理サービスって?貸出機は?料金は?iPhone配送修理サービスの概要から流れ、やり方まで解説します!

2.エクスプレス交換サービスを利用する(おすすめ!)

こちら「エクスプレス交換サービス」AppleCare+に加入中なら電話で申し込むと新しいiPadが届くというサービスです。

届いた後、壊れたiPadを送り返し最後に精算という内容ですね。金額はAppleCare+加入中なら通常修理と同じです。

iPadの修理の場合は在庫を置いてない店舗も多いです。

なのでそれなら初めからこちらの「エクスプレス交換サービス」を申し込んで労せず手元に届くのを待つのが一番楽で確実かと思います。

管理人おすすめの方法です!

依頼はアップルのコールセンターのみから出来ます。 0120-27753-5

[無料交換]エクスプレスサービスって?iPhoneが壊れた時の交換のやり方。値段から条件方法まで詳しく解説いたします!

3.予約できなくても直接お店に行ってみる

こちらはある意味裏技になり時期や店舗の忙しさにもよる話になります。

修理店は基本的に予約以外は受け付けていません。

ですが予約にキャンセルが出たり修理が早く終わって時間が空いたり、時間や作業員に余裕がある時は予約外の修理を受け付けたりすることがあります。

そして実は結構キャンセルが出たり時間が空くことは多いので、直接行くと待った後にそのタイミングでやってくれることも多いんですね。

なので直接行ってみるとiPhoneの修理ができる可能性はあるので、どうしても予約が取れない場合は試してみるのもありですね。

難点としては忙しい時期やお店だと断られることが多いこと。

午前中など早い時間じゃないとやってもらえない場合が多いこと。加えて結構待ち時間が長くなるのが多いことですね。

あと、お店の人が忙しい時に予約をしてないと、あまり良い顔をしない時もあるというのもあります(笑)

今現在はこうですが、アップルの方針次第では急に出来なくなることもあるのでご容赦ください。

4.他

他にはAppleの認定を受けてない非正規修理店などですがです。こちらはAppleの保証が効かないため今回は除外してます。

個人的にはAppleCare+があるなら自宅で受けれる「エクスプレスサービス」がおすすめですね。

iPad 修理申し込みページ

iPadを修理に出す前の準備

準備

修理に出す前にやっておいたほうが良い準備があります。欠かさずやりましょう。

バックアップを取りましょう

バックアップ

修理でデータが消えてしまうこともあります。必ずバックアップを取りましょう。消えてしまったらとても悲しいです。

itunseとiCloudで取ることが出来ます。

iPhone簡単なデータバックアップのやり方(icloud)容量が足りない時の対処も

保証の確認をしましょう

保証

AppleCare+があるかどうか。またキャリアの保証も確認しておきましょう。

特にDocomoだと修理が終わった後にもっと安く出来たのに…ということがありえます。

Appleの保証、各キャリア保証は下記のページから確認出来ます。

入力欄に設定から見れるシリアル、もしくは15桁数字のIMEI番号を打ち込みましょう。シリアル番号は筐体背面に印字されてます。

Apple公式 保証状況とサービス期間を確認する

au 修理代金サポートご利用の手順
au修理代金サポートセンター 0120-914554(9:00~20:00)年中無休(9:00~20:00)

Softbank 契約内容を確認・変更する

Docomoケータイ補償サービス for iPhone & iPadについて
「ケータイ保証お届けサービスセンター」 0120-210-360

iPadを探すをオフにしよう

iPhoneを探す

こちらは設定や「iPadを探す」のアプリ、「iCloudアカウント」から解除できます。

解除にはAppleIdとパスワードが必要です。

解除しておかないとお店まで行ったのに修理できない!ということもあるので必ず解除しておきましょう。

下記の記事ではiPhoneとなってますがiPadも同じです。

「iPhoneを探す」をオフにする簡単なやり方(iPhoneやパソコンからの場合)

まとめ

まとめ

ipadの修理はAppleCare+があれば4400円(税別)から出来て、時間としては1週間前後ですね。

基本的に丸々交換になるのでバックアップはしっかり取っておきましょう!

おすすめはエクスプレスサービスです。

参考になりましたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA