iPhoneの初期化はお店でやってもらえる?無料?費用は?わかり易く解説いたします。

iPhone初期化の費用

iPhoneを工場出荷状態に戻す機能に初期化というものがあります。

iPhoneに不具合が出た時やパスコードがわからなくなって使えなくなった時、また中古で売る時などにデータを消すため使う機能ですね。

そんな初期化ですがご自分では出来ない状況の時がございます。

パソコンがなかったりやり方が分からなかった時などですね。

今回はそういった時に、修理店へ持っていって初期化をしてもらえるのか?また無料なのか?費用はかかるのか?

などについて解説いたします。

ご自分での初期化のやり方は次の記事にて。

iPhoneの初期化(リセット)の方法。iPhoneSE,iPhone6,iPhone7,iPhone8~iPhoneXsまで

パスコードロック解除ができなくなった時の初期化のやり方!iPhoneのロックがかかった時。

やり方さえ知ってれば結構簡単です。

初期化の依頼から費用まで

Apple正規の修理店での初期化

itunseの初期化確認画面

さてお店での初期化ですが結論から言うとやってもらえます。

やってはもらえるのですが、Appleは基本的に自分での初期化を推奨してるので費用がかかります。

Appleからすると自宅でできるなら自分でやってねということですね。

お店でお願いする場合は、何も問題が起きなければ概ね20~30分で初期化が完了します。

どこで初期化をしてもらえるか

どこ

AppleStore。

アップル修理の正規代理店であるカメラのキタムラ、ビックカメラ、クイックガレージ。

他、AND marketなどの一部の店舗が対応してます。

全ての店舗ではなく一部の店舗になりますので事前にホームページなどで確認しましょう。

確認はこちらから(2019年末時点)

アップル正規修理店、都道府県地方別リスト一覧

auやsoftobank、docomoなどの携帯ショップではやってもらえないのでお気をつけを。

あと閉店間際にお店に行っても、閉店までに初期化が終わらないからと断られるので気をつけてください。

iPhoneの初期化の費用は?

値段

そして初期化の費用ですが、正規修理店や正規代理修理店などによりまちまちですが概ね2~3千円の範囲内でやってもらえるようです。

AppleCareに加入中の場合は無料のようですね。

各店舗のページやAppleのサイトには値段が載ってないことも多いのですが、概ねこの辺りの値段です。

詳しくは各修理の店舗などに電話をして確認しましょう。

お店に持ってく前の準備は?

準備

お店に初期化をお願いする時の準備ですが、AppleIDとパスワード。

そして予約が必要になります。

IDはメールアドレスの形で「設定」の中の一番上の欄を押すと見れます。

パスワードは多くはアプリをダウンロードする時に求められるやつです。

IDとパスワードが分からないと、まず初期化できてもiPhoneにアクティベーションロックがかかって使えなくなります。

忘れずに準備しましょう。

わからない場合はAppleIDのパスワードをリセットしてわかる状態にしましょう。

パスワードがわからないだけならその日には分かるようにできます。

もしAppleID自体が分からなくなってしまうと、Appleに書類を送るなど必要になりますのでご注意ください。

その場合はコールセンターに電話ですね。

AppleIDとパスワードを準備して予約をしたら後はお店にGO!です。

予約は下記のボタンの先の「アップルサポートアプリ」かアップルのWebページ。

コールセンターから出来ます。

おすすめはアプリ、web、電話の順ですね。後ほど面倒になります。

AppStoreからダウンロード

アップル修理予約ページ

アップルコールセンター窓口 : 0120-27753-5

より詳しくは次の記事をご参照ください。

iPhone修理の予約方法やり方(正規店、正規代理店)予約なしの場合も[iPhone,Beats,AirPods,AppleWatch]

予約をしないでもやってもらえる場合もあるのですが、断られても辛いので念のため予約は取ってから行きましょう。

なお初期化はデータを全て消す作業でもあります。

後からデータをとることはできないので、必ずバックアップを取ってから依頼しましょう。

参考記事 iPhone簡単なデータバックアップのやり方(icloud)容量が足りない時の対処も

もし実際の流れについて気になるようでしたら下記の記事をご参照ください。

初期化だけならあっさり終わるはずですがご参考までに。

参考記事 iPhone修理の流れ、予約から支払いの完了、値段まで

修理ほどの手間や時間は通常ならかからないです。

初期化では何が消える?

?

初期化で消えるデータですが電話帳、写真、アプリなど、他購入後にiPhoneに入ったデータは全て消えます。

全て消えて購入時の状態に戻る形ですね。

自分の電話番号だけはSIMカードに記録されてるものなので残ります。

もし消えたら困るようなデータがあったらitunseやicloud、その他の方法で必ずバックアップを取っておきましょう。

バックアップのやり方はこちらから

iPhone簡単なデータバックアップのやり方(icloud)容量が足りない時の対処も

消えても良いのでなければ必ずバックアップはやっておきましょう。

お店でバックアップはやってくれませんので。

初期化の注意点は?

注意

iPhoneを初期化する場合ですが実はリスクがあります。

もしiPhoneが壊れかけてたりiosのバージョンが古い時などに初期化を行うと、初期化に耐えきれず壊れてしまうことがあります。

そして初期化を依頼し壊れてもお店は特に何も保証してくれません。壊れたiPhoneを持ち帰るというだけの結果になります。

なのでもしiPhoneが壊れかけてたりiosのバージョンが古かったら、初期化せずそのまま使うか機種変をするというのもありですね。

データを取り出せなくなっても大変ですからね…。

なお初期化は必ずデータが消えるので、バックアップを取ってから依頼しましょう。

おすすめ記事 iPhone8の価格は2020年3月まで待てば安くなる?SE2(仮)登場で値下げ?今は待つべき理由

まとめ

まとめ

基本的には自分でご自宅で。

お店での初期化は0~3千円で、AppleIDとパスワードを準備して予約をし、後はお店にGO!ですね。

壊れかけてたりiosのバージョンが古い場合、初期化はリスクを覚悟の上で!となります。

もし壊れてたら売って足しにして機種変更しましょう。

参考記事 [壊れたiPhoneの売り方]ジャンクiPhone買取まとめ!高く安全に売る方法

アップルケアがなければ新品に交換修理するより機種変更した方がずっとお得ですからね。

今はいい機種がたくさんあります。

参考記事 元プロおすすめiPhoneランキング![コスパ、スペック、価格の安さ別]

あるなら保証で1万円ちょいで新品に交換できるのでそれもありです。

参考になりましたでしょうか?

参照 Appleページ iPhone、iPad、iPod touch を消去する (初期化する) 方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA