iPhone5sは2021年以降は使えない!?いつまでサポートが続くのか。そろそろ機種変した方が良いよ!

iphone

iPhone5sは画面のサイズがちょうどよくて使いやすかったですね。

正直今のXsや6sでも大きく感じちゃいます。

片手だと指が画面の届かなくなりませんか?

そんな今はもう生産自体も終了してるiPhone5sですがいつまで使えるのでしょう?

現役のiPhone5sユーザーは気になるとこではないでしょうか?

と言うことでこちらの記事ではそういったiPhone5sの諸々について解説していきます。

では順に見ていきましょう。

iPhone5sが使えるのは早いもので2021年前半まで

時間

上記見出しのようにiPhone5sは早くて2021年の3月頃から使えなくなるだろうことが予想されます。

遅くとも2022年に確実に使えなくなりますね。

なぜかと言うと2021年3月にはアップルから販売してたiPhone5sが生産終了から5年を迎えるからです。

アップル製品は生産終了から5年を迎えた製品は「ビンテージ」製品、「アブソリート」製品という枠に登録されてサポート自体も終了しちゃいます。

サポート終了しても使用自体は出来るんですが故障した時の修理や相談など全てのサービスが受けれません。

その頃になると最新osについていけなくなり不具合が出る事もあり「使えなくなる」と言う事になるんですね。

今でさえios12以降に対応してないため使えないアプリも出始めてますしね…。

サポートはまだ続きますが、体感的にはもう既に使えないといってもいいくらいです。

「ビンテージ」製品、「アブソリート」製品とは?

ビンテージ

ビンテージ製品やアブソリート製品とはアップルの製品が生産終了から一定の期間を受けてサポートを終了した状態になります。

「ビンテージ製品」が生産終了後5年。「アブソリート製品」が7年ですね。

これらの状態になりサポートが切れると修理や困った時の相談など全てが受けれなくなります。

当然iosなどのシステムも対応してません。

こうなるともう「使えない製品」といってもいいでしょうね。

アップル公式サイト ビンテージ製品とオブソリート製品

iosのバージョンが最新に対応してなくても使える?

?

まだサポート自体は続いてるiPhone5sですがiosのバージョンは既に対応してません。

iosが新しく発表されても更新できない状態ですね。

このiosのバージョンがちょっと古いだけならまだ使うことは出来ます。

出来るのですが最新iosが新しくなって古くなればなるほど不具合や対応してないアプリなどが増えてきて使いづらくなります。

僕はお客さんのiPhone4sがiosのバージョンが古くなりすぎてインターネットが見れない状態になってるのを見た事もありました。

iosが対応してなくても今は使えなくはないけど近いうちに使えなくなるよ。と言う感じですね。

まとめ

まとめ

まだ使えなくはない。が、早くて2021年にはサポートが切れて使えなくなる。

早く機種変した方が良いよ!となります。

正直もうiosのバージョンは最新に対応してないので機種変をした方がいい段階にはありますね。

皆さんの懐事情と相談しましょう!

ではでは。

[アップデートできない?]iPhoneのiosアップデートは小まめにした方がいい?しないデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA