iPhoneの画面を非正規店で修理するとバレる?正規ディスプレイとの違いは?

非正規ディスプレイ

iPhoneが割れてしまって画面の修理をすることもあるかと思います。

その際、正規店では中々予約が取れず仕方なく非正規店で修理をしようと考える方も多いですよね!?

そんな画面修理ですが実は正規店と非正規店ではディスプレイそれ自体が違う部品を使います。

正規ディスプレイと非正規ディスプレイとは?何か違うの?同じディスプレイでしょ?と感じられるかもしれません。

ですが実は結構修理内容や修理の結果が違うものになります。

今回はそんな

iPhoneの非正規ディスプレイと正規ディスプレイの違い。メリットデメリットは?またお店でバレるの?

について解説いたします!

皆様の参考になれば幸いです。

修理店で非正規ディスプレイはバレるのか?

?

結論から言うと「確実にばれます。」

まず外見も違うのですがiPhoneを開いてみると一目瞭然というレベルで違います。

私自身、元修理人として色々なディスプレイをみてきたのですが、アップルの正規品には会社を示すロゴマークがついてます。ですが非正規品にはないんですね。

加えて、非正規品では作り自体がちゃちなものが多く、ネジが閉まらなかったり必要なパーツが足りなかったりと様々です。

正規店ではまずバレると思っていいでしょう。

正規ディスプレイと非正規店ディスプレイの違い

スマホ比較

そもそも正規ディスプレイと非正規ディスプレイとは?

さてまずディスプレイですが「正規ディスプレイ」と「非正規ディスプレイ」とでは完全に違う部品になります。

正規ディスプレイ

正規ディスプレイはAppleの工場で作られ、正式にそれぞれのモデルのiPhone用として使われてるディスプレイです。

元々それぞれのiPhone用として設計されてるため、iPhoneのディスプレイとして十分な性能と安全性を持ってます。

アップルが性能からiPhoneとの相性、操作性まで入念に考えられテストも行なわれた品です。

その上で世に出されてる製品なので、特別問題のない安心できるディスプレイなんですね。

またApple正式のディスプレイのため、保証が効きます。何か問題があった時に無料や安い価格で交換してもらえるという点もありますね。

Apple 修理窓口

非正規ディスプレイ

次に非正規ディスプレイですが、こちらはAppleとは関係の無い会社が作ってる製品になります。

アップルとは関係の無い会社が、独自の技術で各iPhoneで使えるように製造した部品ですね。

アップルの設計を元に製造されてるわけでは無いので電圧や画質、操作性やiPhoneとの相性などアップル製に比べると品質は落ちます。

またアップル公認ではないためアップルの保証は効かなくなりますね。キャリアや他の会社の保証なども効かない場合があります。

加えて利用する場合は以降、正規店での修理は出来なくなるため注意が必要です。

正規ディスプレイのメリットデメリットは?

メリット

さて正規ディスプレイのメリットはAppleが製造してるので「値段、品質、性能、画質、操作性」など全てと言えます!

まず値段ですが、こちらはAppleの保証が効くため意外と安い値段になることが多いんですね。

保証が切れてても総額は非正規ディスプレイとあまり変わらない値段ということも多いです。

また公式のディスプレイなので品質が安定しています。

更に90日間の修理保証がつきサポートもその間コールセンターのサポートも無料になるんですね。これらは大きなメリットかと思います。

デメリット

デメリットとしては修理の予約がいっぱいで中々取れないということがあります。

お店の数自体があまり無いのですぐ予約が埋まってしまうんですね。

急ぎで困るとしても後々を考えると、非正規修理はやめといたほうがいいかと思います。

どうしてもということなら前のiPhoneや、中古の安い古いモデルのiPhoneで一時代用するのもありですね。

非正規ディスプレイのメリットデメリットは?

メリット

非正規店で交換をするため「予約がいらない」こちらかと思います。

正規店と違いたくさんお店があるのであまり待たずに出来るためですね。

他に強いてあげるとしたらお店によっては安いといったところでしょうか?

デメリット

デメリットはやはりアップルの製品ではないため「品質が低い」、これが一番大きいかと思います。

アップルの関係ないところで作られてる製品のため、品質にばらつきがあります。

また「安全性」「性能」「画質」「iPhoneとの相性」「値段」なども大きく不安があります。

非正規ディスプレイを使用した結果、電圧や製品の違いから基盤(pc)が壊れたり正常にシステムが認識しなかったり画面が操作できなくなったりと、他様々な不具合が起きがちです。

時にはiPhone自体が壊れてしまうこともあるため注意が必要です。

非正規ディスプレイを付ける際に防水性能がなくなってしまうといった場合もありますね。

またアップルの製品ではないのでアップルの保証が効かず値段が高いという点もあります。民間の保証も効かない場合が多いです。

以降、正規店の修理が受けれなくなるというデメリットもあります。

個人的には非正規ディスプレイはあまりおすすめしないですね…。

iPhoneの画面の修理はどこで出来る?

地図

さていざメリットデメリットも確認できたし修理に出そう!となったら出せるところは幾つかございます。

  • Apple 正規サービスプロバイダ(おすすめ)
  • Apple Store 直営店
  • Apple サポート
  • 非正規店(非正規ディスプレイ)

上記の4つになります。

Apple正規サービスプロバイダ(おすすめ)

こちらはアップルの正規代理店になります。

アップルから正式に依頼を受け修理を行う代理店ですね。

カメラのキタムラやビックカメラ、クイックガレージ、AND marketなどの一部の店舗が修理を行ってます。

全国にあり、都内以外にお住いの方がお店で修理したい場合はこちらになります。

ごく一部の携帯ショップでもやってるところはあるようですがとても少ない例外ですので今回は除外してます。

ドコモの保証が無いならまずは正規店。非正規画面は非正規店

ドコモのケータイ補償サービスに加入してないならまずこちら正規店での修理をおすすめします!

ドコモの保証がある場合はドコモのが安いかもしれないです。

アップルケアがあるなら正規店のが安いですが無いならドコモの保証のが安くつきます。

非正規店はお店によりけりです。

なおドコモとアップルは完全に別です。まずは保証を確認しましょう。

また他のキャリアの保証もアップルで修理をしてから後でかかった金額をキャリアに再請求というものが多いです。

なのでドコモの保証が無いならまずは正規店で修理をするという形になりますね。

非正規画面で良いなら非正規店です。

正規の画面希望でドコモの保証が無いならまずは正規店に持っていきましょう。

基本的に予約が必要です。

予約なしで行っても帰されるだけの場合が多いので絶対に予約を取ってから行きましょう。

予約は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ますね。0120-27753-5

アップル公式  Apple の修理

iPhone修理の流れ、予約から支払いの完了、値段まで

Apple Store 直営店

こちらはそのままアップルストアになります。

アップルストアで修理を行ってる店舗があるんですね。

もしいけるのであればアップル直営ですのでこちらが一番いいですね。ただ店舗がとても少なくほぼ都内のみとなってます。

基本的に予約が必要です。予約なしで行っても帰されるだけの場合が多いので絶対に予約を取ってから行きましょう。

予約は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ますね。0120-27753-5

iPhone修理の流れ、予約から支払いの完了、値段まで

アップル公式  Apple の修理

Apple サポート

こちらはオンラインで修理を依頼する配送修理サービスになります。

ネットや電話で依頼をし、修理するiPhoneを送り修理してもらうといった内容ですね。

自宅にいながら修理できるという利点はございます。

依頼は下記のアップルのページやアップルサポートのアプリ、あとはアップルのコールセンターなどから出来ます。0120-27753-5

[iPhone]配送修理サービスって?貸出機は?料金は?iPhone配送修理サービスの概要から流れ、やり方まで解説します!

アップル公式  Apple の修理

非正規修理店(非正規ディスプレイ)

非正規の画面修理を行うならこちらになります。

いわゆる街の修理屋さんですね。

下手なとこだとiPhoneを壊されちゃうこともあります。

正直お店により当たり外れがかなりあるので事前に評判や値段などよく確認してから行きましょう。

iPhoneを修理に出す前の準備

準備

修理に出す前にやっておいたほうが良い準備があります。

やっておかないといざお店に行って修理ができなかったりiPhoneのデータが消えて泣くことになります。

欠かさずやりましょう。

バックアップを取りましょう

バックアップ

修理でデータが消えてしまうこともあります。必ずバックアップを取りましょう。

消えてしまったらとても悲しいです。泣きます。

itunseとiCloudで取ることが出来ます。

下記のページでバックアップの取り方を解説してますのでご参考ください。

iPhone簡単なデータバックアップのやり方(icloud)容量が足りない時の対処も

保証の確認をしましょう

保証

AppleCare+があるかどうか。またキャリアの保証も確認しておきましょう。

保証の有る無しで結構値段も変わってきます。

Appleの保証、各キャリア保証は下記のページから確認出来ます。

入力欄に設定から見れるシリアル、もしくは15桁数字のIMEI番号を打ち込みましょう。(IMEIは6以前なら筐体背面、6s以降ならピンを使って開けるSIMトレイに印字されてます)

Apple公式 保証状況とサービス期間を確認する

au 修理代金サポートご利用の手順
au修理代金サポートセンター 0120-914554(9:00~20:00)年中無休(9:00~20:00)

Softbank 契約内容を確認・変更する

Docomoケータイ補償サービス for iPhone & iPadについて
「ケータイ保証お届けサービスセンター」 0120-210-360

「iPhoneを探す」をオフにしよう

iPhoneを探す

こちらは設定や「iPhoneを探す」のアプリ、「iCloudアカウント」から解除できます。

解除にはAppleIdとパスワードが必要です。

解除しておかないとお店まで行ったのに修理できない!ということもあるので必ず解除しておきましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする簡単なやり方(iPhoneやパソコンからの場合)

まとめ

まとめ

正規ディスプレイと非正規ディスプレイは

「値段」、「修理品質」、「画質」、「保証」、「操作性」、「サポート」、「安全性」

全てが非正規ディスプレイは劣るものになります!

個人的には正規ディスプレイのが時間はかかってもずっとお得かと思いますね!

参考になりましたでしょうか?

iPhoneの画面割れの修理代は?交換は出来るのか?正しい修理のやり方から対処法まで

iPhoneの画面が反応しない時!対処法から修理、値段まで解説いたします!

参照 iPhoneの正規店での修理と非正規店での修理の違いとメリットデメリット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA